PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワクチンアレルギーのこと。

今日から消費税UPだというのに、
大量買いして帰ってきた、こてつママであります(笑)
仕方ない。必要なものだから。


IMG_0401_1.jpg

はい。
昨日の続き。
病院の話をしようかと思います。

IMG_0401_2.jpg

IMG_0401_3.jpg

ん。それでいいよ。
遊んでてください。

IMG_0401_4.jpg

そりゃ、そうです。
お散歩のとき、着てるやつですから(笑)



はい、本題に入りたいと思います。

こてつんには、アレルギーがあるんです。
混合ワクチンのアレルギー。

家にやってきたときは、1回目のワクチン接種は済んでいたんです。
その頃のこてつん。
IMG_0401_5.jpg




2回目のワクチン接種のために、病院に行きました。
接種直後は何事もなく。

が、1時間半ほどして…
なんか、様子がおかしくて、よく見ると目の周りが腫れてる?!
見る見るうちにお顔がパンパンに。
慌てて病院に電話を入れ、すぐさま出かける。

その時の先生は、若いけどすごくよくしてくれる方でした。
対処も迅速で、説明もきちんとしてくれました。

家に帰ってきて、ずーっと抱っこ。
IMG_0401_6.jpg
ちょっと、腫れが引いてきたときのこてつん。

3回目のワクチン接種は、前回のこともあり、前投薬ありでの接種でした。
そのおかげか、アレルギー反応はでませんでした。

そして1年後の去年暮れ。

今までの先生は、いなくなってしまっていた。

どの先生であっても、薬は同じだし。

ちょっと不安はあったのだけれど、「去年、大丈夫だったから。」ということで接種。

だけど…


家に帰ってきて、1時間半。
突然、顔を掻きむしる。のた打ち回る。走り回る。
5分もしないうちに、顔中腫れあがってきた。

落胆。

すぐさま病院に連絡し、出発。
車で10分。
いつもなら、大した距離じゃない。けど、このときは長かった。
片手にハンドル、片手にこてつ。
明らかに前回よりもひどい。呼吸も荒い。
「死ぬんじゃないぞ!」と、「頑張れ」を繰り返しながらの運転。

やっとの思いで到着した病院。

すぐさま診察室に通されたけど
「あ~、腫れちゃってますねぇ~」
奥では、スタッフのおねえさんたちが
「あ~、ホントだぁ~。ダックスじゃなくなってるしぃ~(笑)」

あのね。

そういうのは、聞こえないところでやってもらえませんか?

とりあえず、視触診、聴音。
「ま、2,3時間でよくなるから。」
と、帰される。

このときは、院長先生だったのだけれど、
「ん~、来年、どうしようかなぁ~???」の繰り返し。
あの、来年のことより、今のこと、考えてもらえませんか?


気が気じゃないまま、帰宅。

相変わらず、のた打ち回るこてつ。
疲れて、少し眠る。また暴れる。 
真冬だというのに、玄関の薄暗いところで眠る。
尋常じゃないかゆみが、冷たい床に冷やされて、少し楽になったのでしょう。

眠れるのなら、寝かせてやりたい。

なので、様子を見ながらそのまま玄関に。

3時間しても、腫れは引かず。
6時間しても、同じ。

夜間診療に連れて行くことも検討しました。

8時間を過ぎたころ、ちょっとだけ、腫れが引いてきました。
少し楽になってきたのか、こてつも眠っていた。

呼吸だけ確認して、抱っこしてゲージの中のベットに移動させる。

朝になった。

まだ、少し腫れているけど…
ママさんは、仕事に行かなければならなかった。

不本意だったけど、出勤。
帰宅して、こてつの無事を確認。腫れも引いていた。


…と、いった事があったわけです。


なので、「狂犬病の予防接種のときは、病院を変える。」
と、決めていたのです。
職場のわんこ仲間さんに、行きつけの病院をリサーチしたり、
いろいろ検討してみた結果、
一番身近で、信頼できる、ごんちゃんかかりつけの先生の所に行ってみよう。
と。

なぜ、最初からそうしなかったのか?
そこには、のっぴきならない理由があります。
いまさら、そこをどうこう言ってもしかたないので省きます。


そして、昨日。

ごんちゃんの主治医先生は、とってもあったかい人でした。

問診も丁寧。結果の説明も丁寧。
なにより、こてつに優しく話しかけてくれました。

肝心の、アレルギーの話を一通りして、

「混合ワクチンは、やめておいたほうがいい。」
「もちろん、その分病気になるリスクを背負うことにはなるけれど、
 それよりも、アレルギーで死んでしまうリスクのほうが格段に高いから。」

ああ、そうだよね。
自分でも、「次は、アナフィラキシーかも」の不安でいっぱいだった。

前の病院では、「どうしようかなぁ?」だけだった。
「打たない」という選択肢は、なかった。

やっと、解放された気がしました。


大好きなドッグランを封印しなければならなくなってはしまったけど。
たくさんお友達を作ってほしかったのも、封印されてしまったけれど。

その分、ママが幸せにしまっす!



長くなってしまいました(汗)
こんなに語るつもりもなかったんですが…
そんな日も、ある(笑)。



スポンサーサイト

| 日常 | 23:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/04/02 10:28 | |

大切な家族だから…

読んでてなんともいえない気持ちになりました。
書きたい事もいっぱい…だけど、書きはじめたら長文になってしまうと思うのでひとつだけ。
こてつん、とりあえずお任せ出来る獣医さんが見つかってよかった!
難しいし、大変な事だけど、
大切な家族の命を預けるのだから、
自分が納得してお任せ出来る獣医さんをとことん探すしかないんですよね。

こてつん、幸せだね♪
だって、ママさんの愛情、文章から溢れ出てますよ(^ ^)

| kayo | 2014/04/02 12:50 | URL |

> kayoちゃん。

ありがとう。
いろんな意味で、ありがとう。

わんこたちは、自分で選ぶことはできないから、ね。
飼い主さんたちが、自分の目で確かめるしかない。
自分が、しっかりしないと、な。

また、長文になってしまうことも…多分、あると思うけど(^_^;
懲りずに遊びに来てくださいませ♪

| こてつママ♪ | 2014/04/02 23:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kotetsundiary.blog.fc2.com/tb.php/32-9e6026c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。