PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輪廻転生。


たくさんのわんちゃん、ねこちゃん、うさちゃんなどなど…
のペットブログを、
毎日楽しく読ませていただいてます。

その中で…

先日、愛する我が子が、発作・徘徊・失禁・脱糞などなどを
繰り返し、
そんな我が子に、「最期の時」と、その後の事を語っていた
とあるダックスブログのことについて。
今日はちょっと、語ってみたいと思います。


おかーさんは、
以前、我が子の具合が悪くなったとき、
「介護日記にしたくない」と、ブログをやめることも考えていました。

でも、今は、「やめる理由がみつからない。」と。

たとえ、介護日記になろうが、綴り続けると、
徘徊している様子まで動画で載せてくれてました。

疲れ果てて寝入る、梅ちゃん。

それを見つめる、おかーさんの気持ちは…
簡単に「分かる」とか、言ってはいけないものなのだと、
思ってしまう。

今までは、具合が悪くなるたびに、
「まだ逝くな。おかーさんをひとりにしないで。」
って、気持ちが溢れていた。

それが、
「逝くときは、おかーさんの腕の中で。」と。

「虹の橋に行ったら、すぐに戻っておいで。
 何100匹、何1000匹の中からだって、
 絶対見つけ出してみせるから。」

って。

仕事の合間に、また号泣してしまった…。


とあるアニマルコミュニケーターさんによると、
わんこは、「死」というものを、
人間とは違うとらえ方をしているのだという。

「怖い」とか「寂しい」とか「辛い」とか、
そういう感覚ではとらえていないのだそうだ。

それは、
「生まれ変わる」ことを知っているから。

実際、最愛の子を失って、
「もう、犬は飼う事はできない。」と失望していた飼い主さんのもとに、
運命的にやってきた、そのコは、
失ったその子の生まれ変わり。
『だって、ママがボクを必要としてるから。』
と、語るのだそうだ。

それは、稀な話ではなく、
ほとんどのワンコは、2~3年で生まれ変わるという。
早い子は半年ほどで帰ってくるとも。


アニマルコミュニケーターさんの言う事を、
信じるか否かは、人それぞれ。
でも、私は、そんな能力もあっていいと思ってる。

人間同士だって、言葉はなくても、
ムシの知らせとか、第六感とか、
なんとも説明のつかない理解を示すことがあるわけで。

動物の気持ちを感じ取ることが出来たって、
おかしくはない。


IMG_270123_1.jpg


梅ちゃんには、元気になってほしいと思う。
元気に17歳の誕生日を迎えて欲しい。

だけど、もし、「その時」が来てしまったら…

戻っておいで。大好きな、おかんの元に。
姿形が変わっていたって、すぐに分かるんだから。絶対に。


私は、一読者でしかない。
でも、そんな私でさえ、こんなにも胸が熱くなる。

ブログって、すごいな。

生きてる証。
綴っている時は、なんてことない日常だったりするのに、
それを読んでいてくれる人がいて、
その人たちが、何かあるたびに、勇気とか希望とか、
がんばれーとか、いろんな気持ちを表現してくれる。


IMG_270123_2.jpg

こてつんに、介護が必要になったとき、
現状と変わらぬ生活を送っているならば、
私は仕事を辞める覚悟でいる。

同伴出勤できる職場ではないし、
両親が元気で、面倒をみてもらえる状態かどうかも分からない。
ならば、自分が環境を変えるしかない。

これは、こてつを迎え入れた時から決めている。

それで生活が成り立つのか?
とかいうのは、愚問。
成り立つかどうかの問題ではなくて、成り立たせるしかない。

だから、こてつんは安心して長生きしておくれ。

IMG_270123_3.jpg

写真とおんなじくらい、ボッケボケになったとしても、
ママはちゃんと見届けます。支えます。

そして、もし「その時」がきたら…

そのときは、ママも、「また、ママのところに戻っておいで。」と
送り出してあげたい。

そんな風に、涙してみました。



「こてつん日記」は2つのランキングに参加しています♪

生まれ変わって、また出会えるならば…
それは、とっても素敵なこと。
そう思えれば、「その時」が来ても、
強くなれるかも。

「だね。」のポチッ頂けたら、大変嬉しゅうございます!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村


*応援ありがとうございます!*

こてつんの体調に変化はありません。
嘔吐もありません。大丈夫です。ご安心を。
明日あたりから、固いものもあげてみようかと思ってます。
スポンサーサイト

| ひとりごと | 08:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も読みました。
梅ちゃんはさぁ、黒斗と同じダップルなんで、重ねてしまう。
ダップルって、もしかして命短い?とか心配してたけど、梅ちゃんのおかげで不安も飛んだし、元気になって、欲しいです。
いつかは、お別れの日が来ることは、覚悟しておかなくては、ならないですよね。
こてつママさんの、覚悟もすごいです。
かわいい子犬だけで、飼うのではなく最後まで責任を持つことも、含めて飼わなくちゃですよね。
朝から、号泣してしまいました!

| aderi | 2015/01/23 09:04 | URL |

梅ちゃんと言う方のブログは知りませんが、
きっと号泣ですね。

犬も猫も人もみんな輪廻転生すると確信しています。

20年近く前に、知った「前世療法」確か、アメリカの精神科医のブライアン・L・ワイス博士の本を読んで確信。

その後、日本のどこの大学だったかやはり教授の飯田史彦教授の「生きがいの創造」を読んでさらに確信を持ちました。

犬が2~3年で生まれ変わる事は、本には書かれていませんでしたけど、自分自身死ぬことが怖くなくなりました。むしろ楽しみです。

犬も死が怖くないなら良かったわ。

前の子が亡くなって、1年半たって今のジョーを迎えましたけど、ひょっとしてアンディの生まれ変わり?
それでも嬉しいし、そうでなくてもこのご縁は嬉しいです。

生まれてきたのは意味がある。

犬は今日を生きる動物だから、一日一日を大事にしていきたいと思います。

もし読むんだったら、飯田史彦さんの方が分かりやすいですよ。



| 358joe | 2015/01/24 10:07 | URL |

会いに来てくれるかな?

読みながら鼻の奥がツンとしてきました。
我が家のホルンはもうすぐ14歳。
幸い内蔵は健康。目は加齢による症状が出ているし、多分耳も聞こえづらくなってると思う。
動きも鈍くなったし、腰も曲がってきた。
特にここ2年位で急激に歳を感じるようになりました。だから、その時が来ることを覚悟しているつもり…だつたけど、ホントに覚悟出来てるかな?って考えちゃいました。
どんな覚悟していようと、悲しい事に変わりはないと思うけれど…生まれ変わる…そう考えたら、ちょっと気持ちが変わりますね。
また私に会いに生まれ変わってくれるかな?
また私と暮らしたいって思ってもらえるかな?
そんなことを考えつつ、団子状態で眠る我が家の2匹を眺めてます。

| kayoko | 2015/01/24 10:48 | URL |

>aderiさん

確かに、ダップルは短命の印象はありますよね。
梅ちゃんのおかげで、安心したダップルの飼い主さんは
たくさんいるんじゃないかな。

私の覚悟は、大したものではないのですよ。
もし、介護が必要になったとき、
そばにいてあげられる環境だったならば、
まだまだ生きて過ごせるのに、
自分が仕事を持っていて、独り身だというだけの理由で
「安楽死」を選択しなければならない…
ということが、許せないだけなんです。

なので、将来どうなろうと、
その時に対応できるよう、
今出来ることをコツコツと。
そう思って、貯蓄してます(笑)


>358joeさん


梅ちゃんとは、「小梅のブツブツ雑談日記」の小梅ちゃんのことです。
ダックスブログの中では、有名だと思います。
FC2ではないので、私の訪問履歴が残ることもないですし、
コメントしたこともないので、
交流があるわけではないのです。
一方的に、ずっと見守っている読者です(*'ω`*)ゞ

梅ちゃんのおかーさんも独身で、梅ちゃんと二人で生活しています。
そこに、感情移入してしまう要因もあるのですが…

元気になってほしいと思います。
多分、おかーさんだって、そう思ってると思います。
だけど、
見送る「覚悟」があるのだという事も、
その文章から、溢れ出ていて…
毎度毎度、涙なしには読めないのです…。

私も、人間も生まれ変わるモノだと思ってます。
でも、まだ「死」は怖いですね。
そこが、人間と犬との違いなのかも。

こてつんに、「また戻ってくるよ。」って
言ってもらえるように…
出来るだけの事は、してあげたいと思ってます。


>Kayoちゃん

そうだねぇ~。
ホルンちゃんは、確かに高齢だから、
いつ、何があるか分からない。って気持ちは、あるのかな。
ごんちゃんと同じくらいだもの、ね。
ごんちゃんも、耳は遠くなってます。
足も筋力が落ちているのか… びっこになる。

「いつ、何があっても、後悔しないように。」
と、努めているつもりでも、
何かが起きれば、悔いは残るんだと思う。
「覚悟」はしていても、
最期の時を迎えた時、悲しくない人はいないと思う。

ただ、泣きじゃくりながらでも、
「お疲れ様。また会おうね。」って送り出してあげられたら…
幸せかな、って思うよ。

そのために…
私も、健康でいられるように努力しなければ!なのだ(笑)

| こてつママ♪ | 2015/01/24 20:04 | URL |

はじめまして!

生まれ変わってまた会えたら
本当に本当に幸せですよね♪(*^_^*)

梅ちゃん、帰ってきたみたいですね♪
自分のことのように嬉しくなっちゃいました。

| パトリシア | 2016/02/22 15:27 | URL |

>パトリシアさん

はじめまして。
古い記事を見つけていただき、
ありがとうございます♪


飼い犬、飼いネコ、その他もろもろ
自分のペットを愛している人ならば、
「生まれ変わっても、一緒。」って
思いたいですよね。
あると思うんです。私は。

梅ちゃん復活に、
小躍りしてますよ、私も(笑)
また、毎日の楽しみが増えます♪

| こてつママ♪ | 2016/02/22 21:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kotetsundiary.blog.fc2.com/tb.php/315-f31f5d51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。